先日、元力士でお馴染みの舞の海さんの講演を聴く機会があった。

 

 

引退後もスポーツキャスターやタレントさんとして、
活躍されているのでTVで見かける日も多いかと思います。

 


 

 

 

 

 

講演会なので、普段TVで聴けないような話をしますという事で、
ここでは、あまり書けないような内容も
軽く、面白おかしく話してくれて、
流石「技のデパート」とという異名を持つだけあって
おしゃべりも超一流だった。

 

そして例の新弟子検査の時の頭にシリコンを
いれた話もでてきたが、改めて背景やら
経緯を聴くと壮絶だが、それを抱腹絶倒レベルで
話してくれて一発でファンになってしまった。

 

 

その面白いお話の中で、深~い気づきとなった話が
相撲の懸賞金の説明でした。

 

 

舞の海さんが現役の頃より、最近の方が懸賞金が
沢山ついているらしく、それはもう現役力士へ嫉妬するレベルとの事。

 

懸賞金は1本約6万円で5千円が相撲協会に、
残りが勝った力士にいくそうだが、
実質税金ひかれて1本3万円が力士に入るとの事。

 

 

大相撲をNHKで見た事ある人なら、
土俵を懸賞金をもった人たちがグルグル歩いている
姿は記憶にあるかと思うが、
さらに思い出すと永谷園のお茶漬けパッケージが
グルグル歩いているシーンを見た事もあるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

永谷園のお茶漬けパーケージはど定番のデザインなので、
あのカラーリングを見ただけで、永谷園のお茶漬けを
連想する人も多いんじゃないでしょうか。

 

 

 

通常TVで全国区のコマーシャルを流せば、
1ヶ月もやれば〇億円位はかかってしまいます。

 

ところがこの永谷園、NHKという公共のただの電波を使って、
懸賞金を掛ける事で必然的に相撲中継中に
嫌がおうにも永谷園のお茶漬けパッケージを見る事となる。

 

 

 

つまり公共の電波でがんがん広告を打っているのであった。

※舞の海さんはそんな言い方はしていませんが・・・

 

取組の際にはMAX5本のグルグル回っている

 

おまけに場内の放送も、一懸賞金毎に
「梅茶漬けの永谷園」とか
「鮭茶漬けの永谷園」とか、
「海苔茶漬けの永谷園」など
一つづけちゃんと読み上げてくれそうだ。

普通の民放なら、スキップされてもおかしくない
CMをただの電波を使い、しっかりと広告するこの永谷園の凄さ。

おまけに〇億のTV-CMよりよほど格安の懸賞金を使って。

調べると1場所1,400万円程との事、TV-CMより見てもらえて、
時間も長く、おまけに力士にも喜んでもらえるという凄い事です。

そして、もう一つかの有名な「高須クリニック」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高須クリニックも懸賞金を出しているそうなんですが、
面白い事に高須委員長が砂かぶり席で相撲観戦していた事もあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高須クリニックのCMは誰でも一度は見た事あると思いますが、
ご本人がCMに出演されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、相撲中継の画面に高須委員長が映るだけで、
広告としてなりたっちゃうというこの仕組み。
おまけに懸賞だせば場内アナウンスもしてくれるという事で。

 

永谷園さんも高須クリニックさんも意図してやっているかは
定かではありませんが、お仕事をする上でまずは
自分達の事を知ってもらわねば始まりません。

 

 

 

その知ってもらうために広告という手法があるわけですが、
マスに向けて情報発信するTV-CMはある意味大手でしかできない戦略でもあります。

 

 

 

NHKは相撲を中継しているだけで、
企業の宣伝をしているわけではないですが、
懸賞金のスポンサーになれば、必然的に夕方の
全国の相撲ファン層への宣伝にもなっているわけです。

 

 

 

どこの誰にどのうように伝えるか発信するか・・・

 

 

 

自分達のサービスを知ってもらう事は
どこの企業も課題だと思いますが、
アイデア一つだな~と舞の海さんの話から考えさせられました。

 

 

 

 

他にも沢山面白い話がありましたが、
トレセン的に考えた時にこの懸賞金の話は
ズッキューンとシビレてしまいました。

 

 

 

 

ちなみに今回の講演テーマ「可能性への挑戦」というタイトルですが、
最後に舞の海さんが言っていたいのは、
可能性へ挑戦したのは私ではなく、頭にシリコンをいれてくれた
大塚美容外科だという事でした。

 

 

 

オチも美しい素晴らしい講演会でした。

 

 

 

 

自分達のサービスをどのように知ってもらうか・・・
幣社も可能性へ挑戦していきたいと思う今日この頃でした。

 

 

 

そんなチャレンジスピリッツを育みたいという方は・・・

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング
http://training-center.jp/employee_training

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 
トレセン名古屋のブログはこちら・・・
http://training-center.jp/blog