こんにちは、トレセン名古屋鳥居です。

 

先日、良いパパなので娘っ子達と、

 

 

 

公園で遊んでいた時の話です。

 

 

 

 

昔からの大人気遊具のブランコに

 

 

 

キッズ達がわんさか列をなしておりまして、

 

 

 

 

皆で順番待ちをしていました。

 

 

 

 

 

ブランコを漕いでいる子の次の子が

 

 

 

 

 

「1・・・2・・・3・・・8・・・9・・・10」

 

 

 

 

と数えていました。

 

 

 

 

10秒で交代かな~と見ていたら、

 

 

 

 

そこから、謎の詠唱が始まりました。

 

 

 

 

 

「おまけの、おまけの汽車ポッポ♪

 

 

 

 

ポ~となったら変わりましょう♪ポッポー♪」

 

 

 

 

と歌い終わったら、次の子に変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、また次の子も10まで数えて、

 

 

 

 

「汽車ポッポ、ポッポー♪」

 

 

 

 

 

と歌いだして、変わりました。

 

 

 

 

そして、次の子も。

 

 

 

 

 

そして、わが娘も、同じルールに沿って、

 

 

 

ポッポー♪言ってました。

 

 

 

 

ちなみに、この公園は家の近所ではなく、

 

 

 

 

 

全くアウェイの公園です。

 

 

 

 

幼児から低学年はみんな知ってるのかよ・・・と

 

 

 

 

驚愕しつつ、子供の世代だとスタンダードなルールなんだって

 

 

 

発見となった出来事でした。

 

 

 

 

なんか、10まで数えても変わりたがらない子もいる中で、

 

 

 

 

ロスタイム的な要素のこのシステムを見て、

 

 

 

 

ちょっといいな~と微笑んでしまいました。

 

 

 

 

 

こういうちょっとした心のゆとりや遊び心を

 

 

 

 

ずーと持っていれば

 

 

 

 

 

「このハゲ~!ちがうだろ~」とブチキレちゃう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人のようにはならないな~と思いました。

 

 

 

 

子供達にならって、セカセカ、イライラして

 

 

 

 

 

日々を過ごさない、汽車ポッポ、ポッポ~♪と

 

 

 

 

 

頭に唱えて余裕を持っていきたいと思います。

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

LP