今回のお題「バックトゥーザフューチャー

 

ご存知、新日本プロレス「KUSHIDA」の
新必殺技「バックトゥーザフューチャー 」では
ございません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、中古CD屋で表題の
「バックトゥーザフューチャー Part1」DVDが
かなりお安く売っていた。

 

誰もが、名前は知っているだろうし、
一度は見た事がある映画ではないだろうか。

 

金曜ロードショーなどの民放でも、
何度もやってる位の名作です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もこのシリーズは大好きで、
普段洋画は字幕で見たい派だが、
ジャッキーチェンとバックトゥザフューチャーは、
吹き替えで見た方がしっくりくるって位、
日本語吹き替えがハマっている作品でもある。

 

 

そんな個人的な感想はさておき、
この映画、デロリアンというタイムマシンにより、
過去に行って、歴史を変えてきてしまうという内容だ。

 

誰しもが、一度はタイムマシンがあったらな~と
想像した事はあると思います。

 

 

あの時、ああしていればな~とか、
違う選択をしていたら、こんな風にならなかっただろうな~とか、
色々と後悔する事も沢山あると思います。

 

 

「他人と過去は変えられない」という言葉があります。

 

 

これは実は半分正解で、半分不正解ではないかな~と
個人的には思っています。

 

正確には「他人と過去」の「起こった事実」は変えられませんが、
「他人と過去」への「解釈」は変えられるからです。

 

 

先日、古くからの親友達と飲んでいて、
こんな話がありました。

 

その親友達とは、付き合いも長く良い事も悪い事も
沢山、共有してきているので、酸いも甘いも知った仲です。

 

なので、この歳になっても何言ってもストレスになる事も、
あまり無く、気心がしれおり、会えば昔話に花も咲き、
いつもゴキゲンになれるメンツです。

 

 

とはいえ、現在はそーいう仲ですが、
昔はケンカしたり、ムカツク事もよくよく思い出せば
結構あったり、仲良くなる前はむしろキライだった時期もあります。

 

 

が、そんな事「今」となっては笑い話だし、
そんな時期があったのも忘れてる位で、
ずーと仲良かったような認識でいます。

 

 

そう「過去」が変わっているのです。

 

 

当時はムカツいていたけど、「今」は
そんな記憶もあやふやになっている。

 

 

つまり「今」が楽しければ、
「過去」も楽しかった事に変わるのです。

 

 

「今」が楽しければ「過去」にあった試練や
辛かった事も自分を成長させるための出来事だったな~なんて、
思い出に浸って酒のツマミにまでなってくれるのです。

 

 

むしりそれが武勇伝になるって事も沢山あります。

 

 

今日もどこかの居酒屋で誰かが言っているでしょう。

 

 

「あの頃は、本当に大変でさ~」と。

 

大変でなければ自分に酔う事もできないでしょう。

 

 

これは脳科学的にも、証明されている事ですし、
最近では量子力学という分野でもお偉い学者さん達が
証明している事でもあります。

 

 

大事なのは「今」にフォーカスして、
「今」をご機嫌にする事です。

 

 

我々はタイムマシンに乗る事はできませんが、
感情や気分だけはタイムワープを結構しています。

 

 

過去を悔んだり、まだ見ぬ未来に不安になったり・・・

 

 

タイムマシンにのって「過去」は変えられませんが、
「今」をご機嫌にすれば、「過去」を変える事だってできるわけです。

 

 

実際、タイムマシンがあった所で、
過去をかえれば、望んでいる未来になるとも限りません。

 

※参考データ:ドラゴンボールのトランクスなど

 

 

ですので、タイムマシンがあったらな~と思うくらいなら、
まずは「今」の認識を変えましょう。

 

 

そして、「今」が変われば、「過去」だけでなく、
「未来」にも影響します。

 

 

それでは、今度は「未来」からの「今」へのアプローチ方法ですが、
続きはバックトゥザフューチャーPart2で書きたいと思います。

 

 

 

 

「今」の解釈をかえるには・・・・

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング


http://training-center.jp/bloghttp://training-center.jp/employee_training

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 
トレセン名古屋のブログはこちら・・・


http://training-center.jp/blog