朝、会社に向かう途中によくマンションの


チラシを4つ折りにして



更にブルッ〇スなどのインスタントコーヒーを1袋入れて



バイトのお姉さんが通行人に配っているシーンを見かけます。





いつも「おっ、タダでコーヒーで配ってるじゃん、ラッキー」と思いながら、



ありがたーく受け取るのですが、コーヒーだけ使って、



中のチラシを見た事がありませんでした。





そのコーヒーにお湯を入れて、優雅な朝のモーニングコーヒーとして、



飲んでいた時に、ちょっとそのマンションのチラシを見てみました。



コーヒー付きマンションのチラシ


〇〇が丘ヒルズ、グランドオープン!という感じで、



綺麗なマンションに緑あふれる公園が幸せそうな生活を



イメージさせるように描かれていたのですが、



市内に分譲のマンションを買うという気持ちが0%の私としては、



流し見していたわけです。






このチラシにコーヒーまでつけて、おまけに配るバイトの人員まで



雇って結構コストかけるような~とコーヒーをすすりながら



考えていたわけですが。





よく考えたら、このチラシを提供している企業、別に通行人の人に



朝のモーニングコーヒーを飲んで欲しいわけではなく、



当然マンションを契約して欲しいわけで、その為に必要なコストを



かけて見込み客を集客しているんだな~と気づきました。





仕掛けている側からすれば、



当然利益がでる見込みでチラシを配っており、少しでも手に取って



もらえるようにコーヒーを付けているという事でもあります。





当たり前といえば、当たり前ですが、



マンションを購入する可能性が0%過ぎて、



そのような視点になりませんでした。






とは言え、私も世代的にはこのマンションのターゲット層であります。




たまたまマンション購入する気持ちが0%なので、見込み客にはなりませが、



このチラシとコーヒーと配るバイトの人件費を足しても、



ここからの集客で1部屋でも売れれば、元が取れちゃうという事なんだと思います。





マンション購入したい世代なら全て見込み客となるのか・・・





私のように同じ世代でも見込み客とならない人も多いと思います。




恐らく市内にマンションという希望者ではないと、



本当の顧客にはなりえないわけです。





よく、ターゲットを明確にせよ!と営業や経営の本なんかには、



沢山書いてありますが、そのターゲットを集客して見込み客に



するための施策の恩恵で優雅にモーニングコーヒーを飲まさせて



もらってるんだなと感謝する出来事でした。






自分のサービスが誰が求めているのか、



仕事の基本中の基本ですが、それを明確にしていく為の



あらゆる仮説や施策、そう考えると世の中には無限の仮説と



手法があるな~と、またそこを楽しみながら考えていく事って



とても大事な事だな~と実感した朝でした。





コーヒーだけなく、気づきまでくれたマンションが1部屋でも



沢山契約にいたる事を祈ろうと思った次第です。






仮説を立てる事やアンテナ張り、意識する事



トレセン名古屋ではそんなトレーニングもしております。






考え方やコミュニケーション能力を鍛えるには・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

TOP