【名古屋初!次代のリーダーを育成するトレーニングセンター】トレセン名古屋のセミナーは、リーダーに必要なスキルとマインドを学び、励ましのコミュニケーション・サーバントリーダーシップを中心としたトレーニングシステムです。

トレセンBLOG

  • HOME »
  • トレセンBLOG

永谷園と高須クリニック

先日、元力士でお馴染みの舞の海さんの講演を聴く機会があった。

 

 

引退後もスポーツキャスターやタレントさんとして、
活躍されているのでTVで見かける日も多いかと思います。

 


 

 

 

 

 

講演会なので、普段TVで聴けないような話をしますという事で、
ここでは、あまり書けないような内容も
軽く、面白おかしく話してくれて、
流石「技のデパート」とという異名を持つだけあって
おしゃべりも超一流だった。

 

そして例の新弟子検査の時の頭にシリコンを
いれた話もでてきたが、改めて背景やら
経緯を聴くと壮絶だが、それを抱腹絶倒レベルで
話してくれて一発でファンになってしまった。

 

 

その面白いお話の中で、深~い気づきとなった話が
相撲の懸賞金の説明でした。

 

 

舞の海さんが現役の頃より、最近の方が懸賞金が
沢山ついているらしく、それはもう現役力士へ嫉妬するレベルとの事。

 

懸賞金は1本約6万円で5千円が相撲協会に、
残りが勝った力士にいくそうだが、
実質税金ひかれて1本3万円が力士に入るとの事。

 

 

大相撲をNHKで見た事ある人なら、
土俵を懸賞金をもった人たちがグルグル歩いている
姿は記憶にあるかと思うが、
さらに思い出すと永谷園のお茶漬けパッケージが
グルグル歩いているシーンを見た事もあるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

永谷園のお茶漬けパーケージはど定番のデザインなので、
あのカラーリングを見ただけで、永谷園のお茶漬けを
連想する人も多いんじゃないでしょうか。

 

 

 

通常TVで全国区のコマーシャルを流せば、
1ヶ月もやれば〇億円位はかかってしまいます。

 

ところがこの永谷園、NHKという公共のただの電波を使って、
懸賞金を掛ける事で必然的に相撲中継中に
嫌がおうにも永谷園のお茶漬けパッケージを見る事となる。

 

 

 

つまり公共の電波でがんがん広告を打っているのであった。

※舞の海さんはそんな言い方はしていませんが・・・

 

取組の際にはMAX5本のグルグル回っている

 

おまけに場内の放送も、一懸賞金毎に
「梅茶漬けの永谷園」とか
「鮭茶漬けの永谷園」とか、
「海苔茶漬けの永谷園」など
一つづけちゃんと読み上げてくれそうだ。

普通の民放なら、スキップされてもおかしくない
CMをただの電波を使い、しっかりと広告するこの永谷園の凄さ。

おまけに〇億のTV-CMよりよほど格安の懸賞金を使って。

調べると1場所1,400万円程との事、TV-CMより見てもらえて、
時間も長く、おまけに力士にも喜んでもらえるという凄い事です。

そして、もう一つかの有名な「高須クリニック」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高須クリニックも懸賞金を出しているそうなんですが、
面白い事に高須委員長が砂かぶり席で相撲観戦していた事もあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高須クリニックのCMは誰でも一度は見た事あると思いますが、
ご本人がCMに出演されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、相撲中継の画面に高須委員長が映るだけで、
広告としてなりたっちゃうというこの仕組み。
おまけに懸賞だせば場内アナウンスもしてくれるという事で。

 

永谷園さんも高須クリニックさんも意図してやっているかは
定かではありませんが、お仕事をする上でまずは
自分達の事を知ってもらわねば始まりません。

 

 

 

その知ってもらうために広告という手法があるわけですが、
マスに向けて情報発信するTV-CMはある意味大手でしかできない戦略でもあります。

 

 

 

NHKは相撲を中継しているだけで、
企業の宣伝をしているわけではないですが、
懸賞金のスポンサーになれば、必然的に夕方の
全国の相撲ファン層への宣伝にもなっているわけです。

 

 

 

どこの誰にどのうように伝えるか発信するか・・・

 

 

 

自分達のサービスを知ってもらう事は
どこの企業も課題だと思いますが、
アイデア一つだな~と舞の海さんの話から考えさせられました。

 

 

 

 

他にも沢山面白い話がありましたが、
トレセン的に考えた時にこの懸賞金の話は
ズッキューンとシビレてしまいました。

 

 

 

 

ちなみに今回の講演テーマ「可能性への挑戦」というタイトルですが、
最後に舞の海さんが言っていたいのは、
可能性へ挑戦したのは私ではなく、頭にシリコンをいれてくれた
大塚美容外科だという事でした。

 

 

 

オチも美しい素晴らしい講演会でした。

 

 

 

 

自分達のサービスをどのように知ってもらうか・・・
幣社も可能性へ挑戦していきたいと思う今日この頃でした。

 

 

 

そんなチャレンジスピリッツを育みたいという方は・・・

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング
http://training-center.jp/employee_training

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 
トレセン名古屋のブログはこちら・・・
http://training-center.jp/blog

せんと君ではなく,なんと君

先日開催した社内向け研修、
【相手への想像力を働かせるプレゼン講座】の一場面。
 
 
人が気持ちよーく行動に移せるのは、
説得されたではなく、
 
 
納得感が凄~く大事いう話をしました。
 
 
説得では仕方ないからやるか~とか、
そんな感情が残りますが、
 
 
納得した時は、自発的に進んで行動できる。
 
 
説得ではなく、納得。
 
 
説得んではなく、納得ん。
 
 
せっとくんではなく、なっとくん。
 
 
せんとくんではなく、なんとくん。
……………………
 
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなくんではダメって事で
是非、なんとくん目指しましょうという話しでした。
 
 
※ちなみに、なんとくんは富山県南砺市のユルキャラです。
 
 
ちゃんと、話の組み立て方、
立ち振る舞いなどもお届けしていますよ。
 
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 
トレセン名古屋のブログはこちら・・・
http://training-center.jp/blog
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング
http://training-center.jp/employee_training

子供たちのロスタイム

こんにちは、トレセン名古屋鳥居です。

 

先日、良いパパなので娘っ子達と、

 

 

 

公園で遊んでいた時の話です。

 

 

 

 

昔からの大人気遊具のブランコに

 

 

 

キッズ達がわんさか列をなしておりまして、

 

 

 

 

皆で順番待ちをしていました。

 

 

 

 

 

ブランコを漕いでいる子の次の子が

 

 

 

 

 

「1・・・2・・・3・・・8・・・9・・・10」

 

 

 

 

と数えていました。

 

 

 

 

10秒で交代かな~と見ていたら、

 

 

 

 

そこから、謎の詠唱が始まりました。

 

 

 

 

 

「おまけの、おまけの汽車ポッポ♪

 

 

 

 

ポ~となったら変わりましょう♪ポッポー♪」

 

 

 

 

と歌い終わったら、次の子に変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、また次の子も10まで数えて、

 

 

 

 

「汽車ポッポ、ポッポー♪」

 

 

 

 

 

と歌いだして、変わりました。

 

 

 

 

そして、次の子も。

 

 

 

 

 

そして、わが娘も、同じルールに沿って、

 

 

 

ポッポー♪言ってました。

 

 

 

 

ちなみに、この公園は家の近所ではなく、

 

 

 

 

 

全くアウェイの公園です。

 

 

 

 

幼児から低学年はみんな知ってるのかよ・・・と

 

 

 

 

驚愕しつつ、子供の世代だとスタンダードなルールなんだって

 

 

 

発見となった出来事でした。

 

 

 

 

なんか、10まで数えても変わりたがらない子もいる中で、

 

 

 

 

ロスタイム的な要素のこのシステムを見て、

 

 

 

 

ちょっといいな~と微笑んでしまいました。

 

 

 

 

 

こういうちょっとした心のゆとりや遊び心を

 

 

 

 

ずーと持っていれば

 

 

 

 

 

「このハゲ~!ちがうだろ~」とブチキレちゃう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人のようにはならないな~と思いました。

 

 

 

 

子供達にならって、セカセカ、イライラして

 

 

 

 

 

日々を過ごさない、汽車ポッポ、ポッポ~♪と

 

 

 

 

 

頭に唱えて余裕を持っていきたいと思います。

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

LP

嫌いなヤツ

こんにちは、トレセン名古屋鳥居です。

 

 

 
 
昨日、トレセン名古屋・定額制コースにて
 

 
特別単発講座として「嫌いなヤツ」
 
 
 

~苦手な人との向き合い方~

 

 

 

 

開催いたしました。

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の皆様からは、どんな人が苦手か、

 

 
 
 
何故、苦手なのか・・・

 

 
 
 
同僚であったり、上司であったり、

 

 
 
 
はたまた親であったりと多種多様なご意見がでていました。

 

 
 
 
 
嫌いなヤツというのは、

 

 
 
 
 
自分からすると「ありえない」考え方や価値観の

 

 

 
 
 
持ち主でもあります。
 
 
 

 

 

要はなんでそんな事言うのか、そんな事するのか、
 
 
 

 

意味わかんね~というヤツでもあります。

 
 
 

 

好きな人は、近い感性、価値観の持ち主です。
 
 
 
 

 

 

だから一緒にいるとわかってくれる、という安心感があります。

 
 
 

 

 

「好きな人は、自分の感性の底を広げてくれる」

 
 
 

 

「嫌いな人は、自分の感性の幅を広げてくれる」

 
 
 

 

とはいえ、違う価値観を受け入れるのは、

 
 
 

 

中々受け入れられないものです。

 
 
 

 

 

だから、素直な人は成長が早いとも言えますが。。。

 
 
 

 

そこで、違う価値観を受け入れる際の考え方のコツとして、

 
 
 

 

 

そもそも自分が信じているその考え方が必ずしも正しいか、

 
 
 

 

 

一度自分を見つめ直す、そんな作業をしてみていただきたいと思います。

 
 
 

 

誰かの「正」は誰かの「悪」です。

 
 
 

 

誰かの「悪は」誰かの「正」です。

 
 
 

 

地球規模で見ても、自分が正しいを振りかざしている人や国が、

 
 
 

 

悪をやっつける為にいつも戦争をしてたります。

 
 
 

 

自分の正しいを振りかざす程、相手が悪に見えてしょうがなくなります。

 
 
 

 

是非、そんな時は「正しい」から「楽しい」「嬉しい」に

 
 
 

 

判断基準を変える事をお勧めします。

 
 
 

 

「楽しい」「嬉しい」を軸にすると、

 
 
 

 

そんなに相手に目くじら立てる事も少なくなると思います。

 
 
 

 

 

嫌いなヤツを好きになろうとは言いません。
 
 
 

 

嫌いなモンは嫌いでいいと思います。

 
 
 

 

 

とはいえ、仕事の関係上避けて通れない、

 
 
 

 

そんな事も多々あると思います。

 
 
 

 

 

そんな時の壁の超え方として、

 
 
 

 

参考になれば幸いです。
 
 
 

 

 

「敵を見るな!見方を見ろ!」

 
 
 

 

 

皆様方の貴重な時間を嫌いなヤツの事ばかり考えて費やすのか、

 
 
 

 

自分の好きな事、楽しい事、嬉しい事に使うのか。

 
 
 

 

選択肢は自分が持っています、何かの足しにしてください。

 
 
 

 

そして、参加者の方から出た意見として、

 
 
 

 

「嫌なものは嫌!」っとハッキリ言う、

 
 
 

 

その為にはハッキリ言う勇気が必要だという意見もでました。

 
 
 

 

是非とも、捉え方や勇気の持ちかたなど、

 
 
 

 

通常の定額制トレーニングにてみにつけいていただきたいと思います。

 
 
 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

LP

 

持ちつ持たれつ

こんちは、トレセン名古屋鳥居です。



 

 

 

昨日の夜、帰りの電車で隣のおばさんおねーさんが肩にもたれかかってきた。

 

 

 

今日の朝、今度は自分が行の電車で隣のおねーさんにもたれて寝てしまった。

 

 

 

人生は持ちつ持たれつだな~と感じた。

 

 

持ち持ちだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものの見方や考え方、コミュニケーションのトレーニングは・・・

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

LP

« 1 2 3 9 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.