【名古屋初!次代のリーダーを育成するトレーニングセンター】トレセン名古屋のセミナーは、リーダーに必要なスキルとマインドを学び、励ましのコミュニケーション・サーバントリーダーシップを中心としたトレーニングシステムです。
トレセンBLOG

Monthly Archives: 6月 2017

せんと君ではなく,なんと君

先日開催した社内向け研修、
【相手への想像力を働かせるプレゼン講座】の一場面。
 
 
人が気持ちよーく行動に移せるのは、
説得されたではなく、
 
 
納得感が凄~く大事いう話をしました。
 
 
説得では仕方ないからやるか~とか、
そんな感情が残りますが、
 
 
納得した時は、自発的に進んで行動できる。
 
 
説得ではなく、納得。
 
 
説得んではなく、納得ん。
 
 
せっとくんではなく、なっとくん。
 
 
せんとくんではなく、なんとくん。
……………………
 
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなくんではダメって事で
是非、なんとくん目指しましょうという話しでした。
 
 
※ちなみに、なんとくんは富山県南砺市のユルキャラです。
 
 
ちゃんと、話の組み立て方、
立ち振る舞いなどもお届けしていますよ。
 
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 
トレセン名古屋のブログはこちら・・・
http://training-center.jp/blog
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング
http://training-center.jp/employee_training

子供たちのロスタイム

こんにちは、トレセン名古屋鳥居です。

 

先日、良いパパなので娘っ子達と、

 

 

 

公園で遊んでいた時の話です。

 

 

 

 

昔からの大人気遊具のブランコに

 

 

 

キッズ達がわんさか列をなしておりまして、

 

 

 

 

皆で順番待ちをしていました。

 

 

 

 

 

ブランコを漕いでいる子の次の子が

 

 

 

 

 

「1・・・2・・・3・・・8・・・9・・・10」

 

 

 

 

と数えていました。

 

 

 

 

10秒で交代かな~と見ていたら、

 

 

 

 

そこから、謎の詠唱が始まりました。

 

 

 

 

 

「おまけの、おまけの汽車ポッポ♪

 

 

 

 

ポ~となったら変わりましょう♪ポッポー♪」

 

 

 

 

と歌い終わったら、次の子に変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、また次の子も10まで数えて、

 

 

 

 

「汽車ポッポ、ポッポー♪」

 

 

 

 

 

と歌いだして、変わりました。

 

 

 

 

そして、次の子も。

 

 

 

 

 

そして、わが娘も、同じルールに沿って、

 

 

 

ポッポー♪言ってました。

 

 

 

 

ちなみに、この公園は家の近所ではなく、

 

 

 

 

 

全くアウェイの公園です。

 

 

 

 

幼児から低学年はみんな知ってるのかよ・・・と

 

 

 

 

驚愕しつつ、子供の世代だとスタンダードなルールなんだって

 

 

 

発見となった出来事でした。

 

 

 

 

なんか、10まで数えても変わりたがらない子もいる中で、

 

 

 

 

ロスタイム的な要素のこのシステムを見て、

 

 

 

 

ちょっといいな~と微笑んでしまいました。

 

 

 

 

 

こういうちょっとした心のゆとりや遊び心を

 

 

 

 

ずーと持っていれば

 

 

 

 

 

「このハゲ~!ちがうだろ~」とブチキレちゃう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人のようにはならないな~と思いました。

 

 

 

 

子供達にならって、セカセカ、イライラして

 

 

 

 

 

日々を過ごさない、汽車ポッポ、ポッポ~♪と

 

 

 

 

 

頭に唱えて余裕を持っていきたいと思います。

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

LP

嫌いなヤツ

こんにちは、トレセン名古屋鳥居です。

 

 

 
 
昨日、トレセン名古屋・定額制コースにて
 

 
特別単発講座として「嫌いなヤツ」
 
 
 

~苦手な人との向き合い方~

 

 

 

 

開催いたしました。

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の皆様からは、どんな人が苦手か、

 

 
 
 
何故、苦手なのか・・・

 

 
 
 
同僚であったり、上司であったり、

 

 
 
 
はたまた親であったりと多種多様なご意見がでていました。

 

 
 
 
 
嫌いなヤツというのは、

 

 
 
 
 
自分からすると「ありえない」考え方や価値観の

 

 

 
 
 
持ち主でもあります。
 
 
 

 

 

要はなんでそんな事言うのか、そんな事するのか、
 
 
 

 

意味わかんね~というヤツでもあります。

 
 
 

 

好きな人は、近い感性、価値観の持ち主です。
 
 
 
 

 

 

だから一緒にいるとわかってくれる、という安心感があります。

 
 
 

 

 

「好きな人は、自分の感性の底を広げてくれる」

 
 
 

 

「嫌いな人は、自分の感性の幅を広げてくれる」

 
 
 

 

とはいえ、違う価値観を受け入れるのは、

 
 
 

 

中々受け入れられないものです。

 
 
 

 

 

だから、素直な人は成長が早いとも言えますが。。。

 
 
 

 

そこで、違う価値観を受け入れる際の考え方のコツとして、

 
 
 

 

 

そもそも自分が信じているその考え方が必ずしも正しいか、

 
 
 

 

 

一度自分を見つめ直す、そんな作業をしてみていただきたいと思います。

 
 
 

 

誰かの「正」は誰かの「悪」です。

 
 
 

 

誰かの「悪は」誰かの「正」です。

 
 
 

 

地球規模で見ても、自分が正しいを振りかざしている人や国が、

 
 
 

 

悪をやっつける為にいつも戦争をしてたります。

 
 
 

 

自分の正しいを振りかざす程、相手が悪に見えてしょうがなくなります。

 
 
 

 

是非、そんな時は「正しい」から「楽しい」「嬉しい」に

 
 
 

 

判断基準を変える事をお勧めします。

 
 
 

 

「楽しい」「嬉しい」を軸にすると、

 
 
 

 

そんなに相手に目くじら立てる事も少なくなると思います。

 
 
 

 

 

嫌いなヤツを好きになろうとは言いません。
 
 
 

 

嫌いなモンは嫌いでいいと思います。

 
 
 

 

 

とはいえ、仕事の関係上避けて通れない、

 
 
 

 

そんな事も多々あると思います。

 
 
 

 

 

そんな時の壁の超え方として、

 
 
 

 

参考になれば幸いです。
 
 
 

 

 

「敵を見るな!見方を見ろ!」

 
 
 

 

 

皆様方の貴重な時間を嫌いなヤツの事ばかり考えて費やすのか、

 
 
 

 

自分の好きな事、楽しい事、嬉しい事に使うのか。

 
 
 

 

選択肢は自分が持っています、何かの足しにしてください。

 
 
 

 

そして、参加者の方から出た意見として、

 
 
 

 

「嫌なものは嫌!」っとハッキリ言う、

 
 
 

 

その為にはハッキリ言う勇気が必要だという意見もでました。

 
 
 

 

是非とも、捉え方や勇気の持ちかたなど、

 
 
 

 

通常の定額制トレーニングにてみにつけいていただきたいと思います。

 
 
 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

LP

 

持ちつ持たれつ

こんちは、トレセン名古屋鳥居です。



 

 

 

昨日の夜、帰りの電車で隣のおばさんおねーさんが肩にもたれかかってきた。

 

 

 

今日の朝、今度は自分が行の電車で隣のおねーさんにもたれて寝てしまった。

 

 

 

人生は持ちつ持たれつだな~と感じた。

 

 

持ち持ちだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものの見方や考え方、コミュニケーションのトレーニングは・・・

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

LP

流れに身をまかせるとは・・・

こんにちは、トレセン名古屋鳥居です。




昨日は愛知県で朝から大雨と突風で

 

通勤がとても大変な状況でした。

 

夜中の内から相当風と大雨が吹いていたので、

 

これは、朝大変だな~と思っていたら、

 

案の定、駅までの道がアドベンチャーになりました。

 

 

家から出た瞬間から雨が横殴りで一瞬で

 

 

ビニール傘が骨折してしまいました。

 

とはいえ、駅までは行かないといけないわけで

 

そのままビニール傘の柄ではなく、傘に近い部分を持ち

 

防空頭巾をかぶるように駅まで進んでいきました。






 

 

 

※こんな感じ・・・

 

結構、電車の時間が迫っていたいので、

 

 

急ぎ足でいかないと間に合わない状況だったので、

 

塗れようが傘がボキボキになろうが、進むしかありません。

 

 

道中、右から左から突風がふきつけてくるので、

 

傘がひっくり返っては戻し、濡れて、ひっくり返しては戻し、濡れてを

 

しながら、今日は最悪だーと思いながら通勤しておりました。

 

 

5分ほどかけてようやく駅に到着するという所で、

 

 

当然、傘はもうボキボキで今まさに、

 

寿命を終えようとしている所でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、これ以上濡れたくなかったので、

 

 

歩みをゆっくりにしても、突風の向きにあわせて

 

身体を反転させながら、進んでいきました。

 

 

突風の風上に傘を向けて耐えしのぎ、

 

風が止んだら、進み、また突風が吹いたら

 

傘をその風上に向けてしのぐを繰り返していると、

 

 

止まって、進んでの繰り返しですが、

 

 

先程より傘にもダメージを与えず、

 

 

結果、スムーズに駅まで到着できました。

 

最初から、このように突風に身体を合わせて、

 

待っては進みを繰り返していたら、濡れずに

 

しかも多分電車に間に合ったな~と濡れて靴のぐちょぐちょ感を

 

感じながら、若干の後悔をしておりました。

 

 

この状況って、普段の仕事の中でも結構ある事だな~と

 

 

骨折傘をしまいながら感じておりました。

 

 

この悪天候のように、立ち向かってもどうにもならないような状況や

 

 

自分でとてもコントロールできないような状況に

 

 

真正面から突撃しても、どうにもならない事ってよくあると思います。

 

 

 

流れに逆らわず、状況なりに合わせて進んでいった方が、

 

 

結果うまく行ったように、状況を受け入れて流れに乗るというか、

 

逆らわない、その方がうまく行くのかなと。

 

 

悪天候のように自分では変えれない状況に

 

 

流れに逆らわず柔軟に対応する、それがある意味流れに乗るという事かもしれないな~と。

 

 

ボキボキ骨折傘の処理に困りつつ、周りを見渡すと、

 

同じようにボキボキになったビニール傘を持った人が何人もいました。

 

 

ただし、ビニール傘ではない、ちゃんとした傘(そこそこ高そうな傘)を

 

 

持っている人は、全く傘がノーダメージでもありました。

 

 

 

結果、そこそこの物は(ちゃんとした傘)そこそこの成果を発揮するんだな、

 

 

一本、ちゃんとした傘を買おうと思わせる朝でした。

 

 

ちゃんとした傘を用意して、突風に負けない朝に備える、

 

それも流れを自分で持ってくるという事かなとも思いました。

 

 

という事で、本格的な梅雨が始まりそうです。

 

 

 

皆様の雨の日の通勤にはご注意ください。

 

 

全ては物事の捉え方・考え方

 

考え方のトレーニングは・・・

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

LP

 

 

 

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.