【名古屋初!次代のリーダーを育成するトレーニングセンター】トレセン名古屋のセミナーは、リーダーに必要なスキルとマインドを学び、励ましのコミュニケーション・サーバントリーダーシップを中心としたトレーニングシステムです。
トレセンBLOG

Monthly Archives: 9月 2016

吾唯足知を知る方法

吾唯足知を知る方法

本日のテーマ「吾唯足知」読み方は

「われただたるをしる」です。


京都に大雪山龍安寺という石庭で有名な禅寺に

水戸黄門こと徳川光圀公が寄進したと言われる

小さな「吾唯足知」のつくばいがあります。

%e5%90%be%e5%94%af%e8%b6%b3%e7%9f%a5


つくばいとは、茶室に入る前に手を清める

手水鉢(ちょうずばち)のことを言います。


つくばいは銭形で、真ん中には正方形の孔が開いており、

その孔を中心として、時計回りに五、隹、止、矢と彫られています。


孔を「口」の字に見立てますと、「吾唯足知」、

つまり「吾は唯足を知る」と読むことができます。


禅の教えの言葉ですが、

「私は満ち足りていることだけを知っている」という意味です。


これは「誰もが自らの内に全てをもっていることを知るべし」という教えです。

有名な観光名所との事なので、ご存知の方も多いと思います。


これはトレセン名古屋の講座でもお伝えしておりますが、

プラスの視点で物事を見る事でもあると思います。


普段から自分には「ない、ない、ない」という視点で見れば

嫌だな~とか辛いな~とか、自分はダメだな~という感情が湧いてきます。


まずは目の前の状況に感謝するという視点を持とうという事でもあります。

とはいえ、この足りてるを知るという事が簡単じゃないわけですね。


という事で、本日の内容は

その「吾唯足知」の足るに気づく方法を知ろうという内容です。


現状この情報化社会ではSNSを中心にに他人との比較をしてしまったり、

自分より輝いてるな~凄いな~と思う事が、

正面から横から斜め後ろから情報として飛んできます。


「足るを知る」なぜそんな気分になれないか考えました。


それは当たり前に有る事だから無くなる事が想像できないという事かなと。


先日、リオでパラリンピックが開催されたばかりですが、

色々と身体上のハンデを背負いながら、活躍している

アスリートを凄いな~と感心していた時にふと気づきました。


腕があるのが当たり前。


脚があるのが当たり前。


目が見えるのが当たり前。


耳が聞こえるのが当たり前。


存在する事が当たり前過ぎて、感謝するという視点は全くありませんでした。


これらが無かったらと思うと、現状随分幸せな事だなと実感できました。


また、先日家族で晩御飯を食べていた際に、

たまには電気消してロウソクでご飯を食べる事になりました。


最初はムードがあっていいね~なんて思っておりましたが、

暫くたつと見づらいし、途中から電気をつけて食べるハメになりました。


ポチっと電気がつくのが当たり前。


蛇口をひねれば水がでるのが当たり前。


三食ご飯を食べれる事が当たり前。


電車が通常運転してるのが当たり前。


そう考えると、身体的な理由以外にも

随分当たり前が身の回りに定着しているなとも実感しました。


不便さを知るから、便利を実感できる。


当たり前過ぎて、無かったらという想像力が欠如してしまっているようです。


不足している部分にフォーカスし過ぎても、

悲しくなりますが、普段当たり前にある事が無くなったら・・・と

想像する事が「足るを知る」機会になるのかも知れません。


環境や人間関係は人それぞれですので、

何を持って「足る知る」のモノサシは違うかもしれませんが、

そういった視点を持つという「考え方」は同じなはず。


家族がいるのが当たり前。


友達がいるのが当たり前。


働く職場があるのが当たり前。


お客さんがいるのが当たり前。


普段から当たり前と思っている事に

意識してフォーカスする事が足るを知り、

感謝する心を持つ第一歩かもしれません。


なかなか気づかないだけで、当たり前に素晴らしい物に囲まれて日々、

生活しているという事でもあると思います。


不足に視点が行きがちな時ほど、

当たり前に目を向けましょう。


習慣になるまで、忘れがちかと思いますので、

そんな方は「あたりまえ体操」を頭の中で歌ってみましょう。


%e5%bd%93%e3%81%9f%e3%82%8a%e5%89%8d%e4%bd%93%e6%93%8d


お笑いコンビのcowcowさんのネタですが、

歌詞の一部を抜粋。


♪~右足を出して左足出すと 歩ける!!


その歩ける事が素晴らしい。


♪~両足のひざを一緒に曲げると 座れる!!


その座れる事が素晴らしい。


身の回りの当たり前を当たり前体操にすると、


当たり前に気づけたり、気づけなかったり・・・


このブログは名○電車のダイヤ乱れており、

待ちぼうけを食らっている時に書いていますが、

いつも当たり前のように私の脚となり運んでくれる

名○電車に感謝して、この時間を過ごしたいと思います。


そんな身の回りの「ある」を感じる力を鍛えたい!という方は

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

TOP

人間の必殺技

おはようございます、トレセン名古屋鳥居です。


先日、TSU○YAで「レヴェナント~蘇りしも者~」という

ディカプリオことレオ様主演の映画を見ました。


アカデミー主演男優賞の受賞作品なので、

見た事ある方も多いかもしれませんが、

その中のワンシーンでこんなシーンがありました。


レオ様が野生の熊、グリズリーに襲撃されるシーン。


結局、グリズリーに襲われ瀕死の重傷を負う展開になるが、

一命をとりとめストーリは進んでいく。


その後のストーリは興味あればご自身で見ていただきたいと思いますが・・・


まあ、なんとうかそのグリズリーの襲撃シーンの

惨たらしいっと言ったら、とても口じゃ説明できない位のシーンだったわけです。

人間の必殺技

よく日本でも熊に襲撃されたニュースなどは耳にします、

また漫画なんかでも熊と闘うシーンなどありますが、

あんなシーンを見たら、とてもじゃないが、

人間なんて野生の熊と向き合ったらひとたまりも無いなと

しっかりとイメージさせられた分けです。


これから山に入る時は、熊よけや熊対策を怠れないなと、肝に銘じた瞬間でした。


現実は(※実際は映画ですが)森の熊さんとは真逆なホラーでした。


何が言いたいかとますと、今まで「山で熊に襲われる」という

シチュエーションなんてそんなにイメージした事もなければ、

考えた事もありませんでした。


おかげさまでレオ様のアカデミー主演男優賞ばりの演技で、

しっかり「ある日森の中、熊さんに出会った=死ぬ」が

私の頭の中で方程式が出来上がってしまった分けです。


幼少期にJAWSの影響で「海でホホジロザメに遭遇=死ぬ」という方程式も

出来上がってしまっていますが・・・


さて本日のブログタイトルでもあるように、

この起きてもいない事をリアリティあるイメージをしてしまう、


正にこの力が人間だけが持っている想像力・イマジネーションという必殺技です。


動物は「今」が全てで、成功とか失敗とか善とか悪とか、

そんな事を判断して生きてはいません。

※私が動物に直接聴いたわけではありませんが。


食事中に、先に肉付きのいいあばら周辺を食べて、

メインの肝臓は後で食べようなんて事も考えない。


フォーカスしているのは「今」だけ。


これから先どうなるかということの想像もなければ、

過去の失敗もくよくよしたりもしない、あるのは今だけ。


お腹が減っていれば食べるし、減っていなければ食べない、

明日のご飯はないかもしれないから、今日は食いだめしとくかとも考えない。


過去を想い、憂い、未来を楽しんだり、不安になったりする

「今」以外にフォーカスできるのは唯一、人間だけがもった想像力という能力なわけです。


創造力(クリエイティブ)ではなく想像力(イマジネーション)。


チンパンジーなど頭のいいお猿さんたちは創造力を駆使して、

発明なんかもできる。


唯一、人間だけがイマジネーションという想像力を持っている。


だから過去に起きた失敗から、きっと未来も失敗するだろうと、

弱気になったり絶望したりもするし、

あの人きっと怒るだろうから、こんな報告したくないな~とか、

憂鬱になったりもするわけです。


ただ逆に、まだ見ぬ未来をよりよいイメージとしてワクワクしたり、

希望に満ち溢れさす事もできる。


人間だけが持つ唯一の必殺技・想像力は使い方次第で、

人生をよりよく素晴らしいものにする事もできるし、

使い方を間違えれば絶望させる事もできる。


ある意味、この人間の必殺技「今」ここから離脱し

過去や未来に想いを飛ばす能力、即ち想像力を

フル活用する事が人間としての醍醐味ではないだろうか。


想像力という人間だけの必殺技があるのに、

活かしきれていないというのは非常にもったいない気がします。


・あの人にこんな風に接したら、喜んでくれるかな、とか


・こんな表現で伝えたら、わかりやすいかもな、とか


・こんな風にしたら、自分が望む姿になれるんじゃないか、とか


まだ起きていない未来を、素晴らしい未来として想像する事。


人間だけが持つ想像力とういう必殺技を鍛えあげる事、

それが人間らしく、人間の本能を磨き、人間として素晴らしい一生を

過す事になるんじゃないでしょうか。


世の中を人生を楽しんでいる人の共通点として、

素晴らしい想像力を持っていると思います。


だからこそ、想像力を素晴らしい方向に発揮する事を

訓練していきましょう!


是非、素晴らしい想像力をいい方向に鍛えたいという方は・・・


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

TOP

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.