【名古屋初!次代のリーダーを育成するトレーニングセンター】トレセン名古屋のセミナーは、リーダーに必要なスキルとマインドを学び、励ましのコミュニケーション・サーバントリーダーシップを中心としたトレーニングシステムです。

トレセンBLOG

  • HOME »
  • トレセンBLOG

盲牌はかっこいい

「盲牌」麻雀用語の一つですが、


つまり盲目な状態、麻雀牌を見なくても、


指の腹の触った感覚だけで、どのような牌だか認識する技術です。


盲牌


麻雀を知っている人ならわかりますが、



この盲牌が出来るという事は熟練の手練れであり、



=麻雀の強者の可能性が高いという事です。






麻雀牌には表面が数字や漢字や図柄が彫り込んであるので、



指の腹で触ると、凹凸を感じる事ができます。





その凹凸で何が描かれているか判断するとなると、



それだけ麻雀牌を沢山触る機会がないと到底判断できないわけです。




ですのでそれだけ麻雀牌を触り続けた



=麻雀に時間を費やしている



=麻雀が強いという図式が成り立ちます。





最近では1万時間の法則という言葉がよく聞かれますが、




一つの事を1万時間費やすとその道のスぺシャリストになるという事ですが、



まさにこの現象の通りです。





1万時間の法則に関しては、書籍やネットに山ほど情報があるので、



ここでは割愛しますが、私もたしなむ程度に麻雀を打つことがありますが、



この盲牌ができるという事に憧れを抱いております。






なぜなら、なんか強そうでかっこいいからって単純な理由ですが・・・






とはいえ、やはり一朝一夕で身につく事はありません。





長い年月、あらゆる角度や様々な触り方で、麻雀牌がデータとして



記憶に蓄積され、段々イメージできてくるわけです。




私もなんとなく盲牌をできる牌と苦手な牌がありますが、



この牌じゃないかななんて、イメージできる時があります。





ピアノやギターなど楽器が弾けるようになるのも、



最初はどの指を動かそうかなんて意識的にやりながら、



気づいたら無意識で指が動くようになるなんて事は



経験した事もあるかと思います。






車の運転や自転車の運転なんかも同じです。






時間を費やせば必ず上達していきます、その上達具合の成長角度は



才能など人それぞれだとは思いますが、技術の蓄積としては必ず



上向いているわけです。






これは何も指先のテクニックだけの話ではなく、



目に見えない心の習慣や考え方も同じです。





考え方もトレーニングし続ければ、必ずいい変化を起こします。




優秀なパイロットは飛行機の計器類をパッと見ただけで、



通常時と常時での違和感を拾えるそうです。




とても優秀な経営者の方は決算書の数値をパッとみただけで、



どこに原因があり、経営状況の異常な部分がパッとわかるそうです。






盲牌における指の腹の感覚があらゆる所で発揮されるという事でしょう。






どうしても仕事の事などは、いきなり思うような結果に繋がらない事も多いし、



結果が出ない事で途中で挫折する事なんかも多々ありますが、



有意注意の意識を持っていれば、必ず上達しているハズです。





それを信じて、トレーニングし続ける、まずは必ずできるようになると



信じる事からが上達のスタートラインかもしれません。





麻雀牌を見ずに、盲牌で一発ツモってカッコよくあがりたいな~と



想いながら、時間を費やす事、つまりトレーニングする事の必要性を



改めて実感した次第です。






先程、時間を費やせば必ず成長すると書きました、



そして上達具合は人それぞれだと。





その上達具合の速さはどこからきているかと言えば、



「楽しんでやる」という事が何よりのエッセンスかと思います。






盲牌のトレーニングはできませんが、



考え方や捉え方のトレーニングをするのなら・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

TOP

コーヒー付きマンションのチラシ

朝、会社に向かう途中によくマンションの


チラシを4つ折りにして



更にブルッ〇スなどのインスタントコーヒーを1袋入れて



バイトのお姉さんが通行人に配っているシーンを見かけます。





いつも「おっ、タダでコーヒーで配ってるじゃん、ラッキー」と思いながら、



ありがたーく受け取るのですが、コーヒーだけ使って、



中のチラシを見た事がありませんでした。





そのコーヒーにお湯を入れて、優雅な朝のモーニングコーヒーとして、



飲んでいた時に、ちょっとそのマンションのチラシを見てみました。



コーヒー付きマンションのチラシ


〇〇が丘ヒルズ、グランドオープン!という感じで、



綺麗なマンションに緑あふれる公園が幸せそうな生活を



イメージさせるように描かれていたのですが、



市内に分譲のマンションを買うという気持ちが0%の私としては、



流し見していたわけです。






このチラシにコーヒーまでつけて、おまけに配るバイトの人員まで



雇って結構コストかけるような~とコーヒーをすすりながら



考えていたわけですが。





よく考えたら、このチラシを提供している企業、別に通行人の人に



朝のモーニングコーヒーを飲んで欲しいわけではなく、



当然マンションを契約して欲しいわけで、その為に必要なコストを



かけて見込み客を集客しているんだな~と気づきました。





仕掛けている側からすれば、



当然利益がでる見込みでチラシを配っており、少しでも手に取って



もらえるようにコーヒーを付けているという事でもあります。





当たり前といえば、当たり前ですが、



マンションを購入する可能性が0%過ぎて、



そのような視点になりませんでした。






とは言え、私も世代的にはこのマンションのターゲット層であります。




たまたまマンション購入する気持ちが0%なので、見込み客にはなりませが、



このチラシとコーヒーと配るバイトの人件費を足しても、



ここからの集客で1部屋でも売れれば、元が取れちゃうという事なんだと思います。





マンション購入したい世代なら全て見込み客となるのか・・・





私のように同じ世代でも見込み客とならない人も多いと思います。




恐らく市内にマンションという希望者ではないと、



本当の顧客にはなりえないわけです。





よく、ターゲットを明確にせよ!と営業や経営の本なんかには、



沢山書いてありますが、そのターゲットを集客して見込み客に



するための施策の恩恵で優雅にモーニングコーヒーを飲まさせて



もらってるんだなと感謝する出来事でした。






自分のサービスが誰が求めているのか、



仕事の基本中の基本ですが、それを明確にしていく為の



あらゆる仮説や施策、そう考えると世の中には無限の仮説と



手法があるな~と、またそこを楽しみながら考えていく事って



とても大事な事だな~と実感した朝でした。





コーヒーだけなく、気づきまでくれたマンションが1部屋でも



沢山契約にいたる事を祈ろうと思った次第です。






仮説を立てる事やアンテナ張り、意識する事



トレセン名古屋ではそんなトレーニングもしております。






考え方やコミュニケーション能力を鍛えるには・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

TOP

外国人が道を聞きやすい顔

先日、名古屋駅で電車待ちをしていた時の話ですが、



私が並ぶ列の前に、明らかに中国人観光客と思われる一団がおりました。




私の並ぶ列のホームの乗車口は「緑色」の行先看板が使われおりまして、



その「緑色」の乗車口は国際空港に行く列車と、私の家の方に行く



列車の2種類が使う乗車口です。



meitetsunagoya02_20080126mig


きっと、国際空港に向かうんだろうなと~と思いながら、



一緒に並んでいたのですが、この乗車口は先程記述した通り、




最終到着地は別々の所にいきます。





途中までは同じルートですが、「O駅」という所で分岐してきます。



なので、外国人旅行客からすると、単純に「緑色」の乗車口にいて、



来た電車に乗れば空港に着くわけでなく、2種類の内から、



空港行きを見定めて乗車しなくてはなりません。






そうこうしているうちに、私のお目当て、つまり空港に行かない方の



電車がホームに到着しました。





と、その瞬間にその中国人観光客の一人が突然、



私に向かい「Hey 空港に行きたいのだけどこの電車でいいのか?」的な



事を中国語で質問されました。



(そんな雰囲気だった)





電車が到着してからドアが開き、閉まって出発するまで、



どうでしょうか、20秒位でしょうか。





いきなりの質問に「イヤ、この電車じゃなくて空港行きに乗るんだよ」



という事を英語2に近い3の私が力説したのですが、なかなか上手く通じません。





そうこうする間に、列に並んでいた人達が次々とこのやり取りを



横目に電車に乗っていきます。





結局、この電車は乗っちゃダメという事はなんとか伝わりましたが、



どの電車に乗ればいいかまでは、伝えきれず電車が発車しそうになったので、



慌てて電車に飛び乗ったわけです。





近くに駅員さんも居なかったので、なんとなく外国人観光客に



道案内しったったぜ~という達成感もなく、電車は南に走りだしてしまいました。





実は私、しょっちゅう道で外国人に道を聞かれます。





道を教えてくれそうな雰囲気なのか、



自分では勝手に安心感のある立振る舞いをしているからと自負しているのですが、



なんとなく、この一件はモヤっとした思いだけを残していきました。





そうこうして、後日全く同じシチュエーションで、



私の前にまたしても中国人観光客のご一行様が列に並んでいたのです。





そして、またしても空港に行かない電車が先に到着するという



シチュエーションでした。





きっとまた直前で聞いてくるぞ、必ずと。



私の直観がこれはきっと「あるぞ」と。





そして、前回の教訓を活かして、まずは駅員を探します。





居ない。





そして、スマホの時刻表アプリを出して、



質問してきたら「No!この電車じゃない」



「これに乗れ!」とい何時でも返せる準備をしておきました。





そうこうして、電車が到着し、なんとなくザワつく



中国人観光客のご一行様。





その時、一人の中国人観光客が振り向きながら、



質問をしてきました。





私の隣の列の人に。。。。




そういうパターンもあるのね・・・

俺に聞けや!と心の声荒げておりましたが・・・




結局、私の準備も虚しくそのまま人の波に流され、電車に乗りました。





果たして、あの中国人観光客のご一行様はその後どうなったかはわかりません。





少なくとも、私が乗った空港ではない方の電車に乗らなかったのは確かです。




いつ質問されてもいいように、準備は万端だったのですが・・・






と、こんな出来事が直近であったわけですが、



この話、結果質問に答えるという事は空振りに終わりましたが、



仕事をしていてもよくあるシチュエーションだな~と

 

 

 

電車で黄昏ながら思ったわけです。





1回目の中国人観光客の一団に突然質問され、上手く立ち回れなかった。




が故に、同じようなシチュエーションの時に、今回はこうきたら、



こう答えようというイメージがついたわけです。





一度経験したから、どんなタイミングで、きっと相手はこんな事を

 

 

 

 

想像しているだろうなとイメージができました。





恐らく、また同じようなシチュエーションの時には、



もう一歩考えて準備する事もできると思います。





私以外に聞くかもという選択肢もイメージできるようにもなっています。




一度「体験」した事が「経験」となり、確実に活かされていってるわけです。





段取り8割という言葉があるように、準備の大切さは言うまでもありませんが、




状況をイメージする事、そして一度体験した事は、よりリアルなイメージができるという事。





「体験」と「経験」この似た言葉、



ざっくり説明すると




経験は身に付くもの





体験は体感するもの





という違いにわけれるそうです。





毎日、色々な事柄を体験・体感します。





その中から体験を考え方ひとつで経験値として



身に着ける事もできるという事でもあると思います。





日々、外国人観光客に道を聞かれるなど、色々な事が起きます。




その際に、その体験を活かすも殺すも自分次第だな~と



帰りの電車の中で思ったというお話でした。






出来事をどう捉えるか・・・



その捉え方・考え方をトレーニングするには・・・・


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

TOP

衝撃のアンケート

以前にいただいたお話で就職活動中の求人者と

 

 


社会人に向けて1日セミナー講師をする機会がありました。

 

 

 

なかなか、受講者さんの反応も良くその日の

 

 


セミナー終了後は「やったったぜ~」という達成感に

 

 


包まれ帰路につきました。
 

 

 

 

後日アンケート結果を主催者様より、

 

 


頂いたのですが、その後の仕事にとても励みになる事が、

 

 


このように書いてありました。

 

 

 

「講師の方のイキイキとした話し方が良かった」

 

 FullSizeRender

 

他にも好意的な内容が書いてあったのですが、

 

 


私のハートにガッツリ突き刺さった回答がこの文章でした。

 

 

 

何かを伝えるという事をしていると、

 

 


どうしても相手のリアクションや評価が気になります。

 

 

 

誰しもが経験があると思いますが。

 

 

 


確かに、この日のセミナーは好きな事を話して、

 

 


あっという間に終了時間となったのですが、

 

 

 
それは誰よりも自分が楽しかったからなんだな~と

 

 


後でしみじみ実感したわけです。

 

 

 

これを機に自分がまずは楽しんでやることが、

 

 


相手に喜んでもらう一番なんだな~と

 

 

 


大前提としてまずは自分が楽しむ、

 

 

 

 

その先に周りの人の楽しい、嬉しいがあるんだと、

 

 

 

 

深~い気づきをこのアンケートから得たわけです。

 

 

 

 


他人の評価はもちろん大事ですが、
 

 

 

そこに捉われ過ぎて、自分が楽しめなかったら、

 

 

いい仕事ができるわけないですからね。

 

 

 

 

いかなる時も楽しくなるような工夫をしていく。

 

 kllhh

 

 

そうなるように考える事をまた楽しむ。

 

 

 

 

そう言うと「仕事はそんな甘いもんじゃない!」と

 

 

 

 

過去の自分ならなんとなく否定していていたような気がしますが、

 

 

 

 

「仕事は甘いもんじゃない」と思うのか
 

 

 

 

「仕事は楽しむもんだ」と思うのか

 

 

 

 

結果として「甘いもんじゃないな~」という結果になるのか
 

 

 

 

「楽しかったな~」という結果になるのか、
 

 

 

 

最初にどんなマインドをセットするかで大きくかわるなと、
 

 

 

 

身を持って体感したわけです。

 

 

 


これも人それぞれの選択肢ですので、

 

 

 

 正解・不正解はある話ではないですが、

 

 

 

「仕事は楽しむもんだ」と
 

 

 

 

そんな働き方をしよう~と思わせてくれた
 

 

 

 

エピソードでした。

 

 

 

 


それでは、どうやったら楽しめるようになるか・・・
 

 

 

 

そんな考え方を手に入れたい方は・・・


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

TOP

アメリカじゃんけん

突然ですが、皆さんご存知でしょうか?

 

「アメリカじゃんけん」というじゃんけんを。

 

 


ただ単にジャパニーズじゃんけんを普通に「グー・チョキ・パー」を

 

 

「Rock(岩)-paper(紙)-scissors(ハサミ)」と言い換えた訳ではなく、

 


単純にじゃんけんで負けた方が勝ちというルールのじゃんけんです。

 

 

 

「アメリカ~♪じゃんけん、負けたが勝ちよ~♪じゃんけん、ポン!」

 

 

いうフレーズの後に普通にじゃんけんするだけですが。

 

 


最近、娘たちが保育園でやってるという事で、

 

 

その謎のじゃんけんを知った次第であります。

 

 

 

 


調べると、色々な地域でさかさまじゃんけんとか、

 

 

大阪じゃんけんとか言うみたいですが、

 

 

要は負けた方が勝ちってルールです。

 

 

 

 


最近では、TVで男気じゃんけんなる、

 

 

勝負運と男気と支払い能力が試される、

 

 

エグイじゃんけんが有名な所です。

 

 

 


またそれとは違う自由の国アメリカの名を冠した

 

 

「アメリカじゃんけん」にとある気づきを得たので、

 

 

ご紹介させていただきます。

 

 

 

 


このじゃんけんをする時の詠唱とでもいうのか、

 

 

「負けたが勝ちよ~♪」のフレーズなかなか深い事言うねって

 

 

話なんですが。

 

 

 

 

我々、普通は「勝ち」「負け」という事に対して

 

 

「勝ち」という側面だけに「価値」を感じて、

 

 

「負け」問う事に対してはいけない事や悪い事という

 

 

認識でいるかと思います。

 

 

 

 

もちろん、勝負事などで「勝ち」になったら嬉しいし、

 

 

「負け」たら悔しいし、悲しいし、自分にガッカリしてしまう

 

 

なんて事はだれしもが経験している事ではないでーしょか。

 

 

 

 

でもこのアメリカじゃんけんのルールって、

 

 

実際、身の回りでもこう思える事って沢山ある気がします。

 

 

 

 

例えば、「負けた」事で気が付いた事、悔しかった気持ちが、

 

 

 

引き金になって、奮起できた、もっと上手にできるようになったとか。

 

 

 

 

「勝ち」という経験からも沢山の物を手に入れる事ができるし、

 

 

「負け」という経験からも沢山の物を手に入れる事ができていると思います。

 

 

 

 

「勝ち」という経験をした人は「負け」から得れる物を経験できません。

 

 

 

「負け」という経験をした人は「勝ち」から得れる物を経験できません。

 

 

 

ですので、両者ともなにかしらの経験という「価値」は得れているわけです。

 

 

 

 

みんだ大好きス〇ムダンクのワンシーンでも、こんなシーンがありました。

 

 

負けたことがあるというのが_いつか大きな財産になる

 

 


そりゃ、誰だって「勝ち」の経験の方が嬉しいし、わざわざ「負け」の

 

 

経験を手に入れようと「負け」る人は居ないと思いますが、

 

 

「勝ち」「負け」でも何かしらの経験を得れているわけですので、

 

 

その後の解釈の仕方・捉え方・考え方次第だな~と。

 

 

 

 


勝っても負けても「経験」という「価値=勝ち」は手に入れているというこの図式。

 

 

 


つまり、我々はどっちの結果に転がろうと「価値=勝ち」は手にしている

 

 

 

そう思うと少し、失敗の恐怖や「負け」への嫌悪感も

 

 

変わってくるかと思います。

 

 

 

 

そんな事をこのアメリカじゃんけんから気づいたわけです。

 

 

 

 


深いぜ・・・アメリカじゃんけん・・・

 

 

 

「勝ち」の時は普通のじゃんけん的に喜び、

 

 

「負け」の時はアメリカじゃんけん的に喜ぶ

 

 

 

 

「負けたら勝ちよ~♪」ってじゃんけんなら負けて「ズコー」で

 

 


済みますが、色々な勝負事や自分のチャレンジの中での「負け」だと、

 

 

なかなか「負けたら勝ち」って思えないと思います。

 

 

 

 


そんな時はアメリカじゃんけんを思い出して、

 

 

「負けた勝ちよ~♪」と発想転換して切り替えていきましょう!


そんなアメリカじゃんけん的な考え方・捉え方をするためには・・・


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

月額5,000円からトレセン名古屋の定額制トレーニング

TOP

1 2 3 6 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.